船長、見てくだせぇ!あっしが書いたんでさぁ!

大航海能登「」 by 超獣兵

増減法終了のお知らせ

大海戦やら大海賊戦やら始まりますが、
そんなことよりこの小型船を見てくれ。こいつをどう思う?
090817 030845
信じられるか?帆14個小マスト6本ぶち込んで帆が完成しないんだぜ、これ…

耐久2回 縦帆9回 横帆7回 旋回2回 対波2回 装甲3回

これが"大成功分を差し引いて"ツモった失敗数。-25。ハーブか何かやっておられる?
尚、強化14回目10%は当然のように34回掛かった。ゴードン金返せ。
何かがおかしい…


俺の気のせいじゃないと思うんだが、FS時代に有効だった造船成功率を上げる手立て、
増減法、操船熟練度MAX、スキル付与数、100M投資、
これらの効果がことごとく感じられない。
小型中型大型の成功率の違いも無くなって、確率が平等になった気がする。

特に増減法、いわゆるキャロライナ理論、効果があるのかねぇのか度々議論されるが、
FS造船時代は間違いなく効果があった。
カスタム造船時代に入ってから効果が無くなったという声をよく聞く。
ここは造船テクに関わってくるからはっきりさせるために検証してきた。


50回4部位強化=判定200回
A:増減無し 成功72 : 失敗70 (35% : 35%)
B:増量+20% 成功60 : 失敗71 (30% : 35%)

僅かに差は出ているが200回程度じゃ数値が寄っているだけかもしれん。
結論を出すには弱いが、見ての通りAの方が数値が良い。
記述ミスでは無い。増減無しはAの方。増量したBの方は"成功率が落ちた"。
これが意味することはだ、増減法は確率を上げるどころか逆に下げるようになったのではないか。
確かに上のボムケッチは14回とも増減した。
たまたまBの調子が悪かっただけかもしれんから下げるという断定はまだできんが、
少なくとも確率を上げる効果はもう絶対に無い。
であれば余計な増減はかけずに最後だけ容量いじれば良い、という結論で間違いはない。


ついでにもう一点、投資額が成功率に影響するかを検証した。

50回4部位強化=判定200回
A:バレンシア(600k) 成功72 : 失敗70 (35% : 35%)
C:ナポリ(2.5G) 成功81 : 失敗67 (40% : 34%)

ナポリでの検証は安定して成功率40%を保っていたから、これは確実に効果がある。
ただ、100M突っ込んだセビリアで造船すると調子が悪いから、必要投資額が引き上げられた可能性が高い。
具体的にいくら投資すればいいのか、上限はいくつなのか、それは全く分からん^^

【2017/09/15 07:00】 | 未分類 | Comment(0) |
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| トップ |
カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全ての記事を表示する
ブログ検索