船長、見てくだせぇ!あっしが書いたんでさぁ!

大航海能登「」 by 超獣兵

美アプデ

冬までやらないって言った矢先にアプデが来る。別に遊びはせんけど。
最近はアプデ評価をする人もほとんど居なくなってしまったんで、せめて評価だけでもしてやろう。
他人の評価を見ないと良いのか悪いのか判断付かなくて困るよね。


●新たなレガシーテーマの追加
特に、特筆することもなく。

『Seven Wonders』全部出ちゃったけど今後どうするんでしょうね?中世の七不思議でも出します?
方向性がはっきりするのは早くて8月か。


●海賊大戦を一部調整
首領船の出現位置が、順位の高い海賊団ほど海賊島から遠くなりやすくなります。
死に戻りが早過ぎて何度ホロ送りにしても防衛排除できねぇ!て声がちらほらあったのを配慮したようで。
旗が沈んだら瞬時に戻るのを6秒ほど余韻持たせてやれと思うけどね。

個人的に気になるのは『破壊工作道具』の効果時間が30秒しかないという点。
タイミング合わせて一斉に使わなきゃ無駄撃ちになるから、これを活用するのは厳しすぎんかな。

あとオンラインマニュアル獲得スコアの内訳が追記されてる。
相変わらずというか、NPCのスコア高すぎん?ていう配分ですな。


●グランデガナドールの作戦オプションの追加
一部のアイテムの使用時効果が無効から有効に変更され、使用できるようになります。
※ただし、すべての参加者が討伐報酬アイテムを入手できなくなります。
なーるほどねー。
最近出番の無かった人知系アイテムの活用場と、後発組がグラガナ解放できなくて追いつけない問題を上手いこと解決したな。
この俺ですらジョージから先へ進めない状態だったからよ、俺ができないなら鯖内で自力解放できる人はおらんですわ。
べっこうからのアヌビス連打ができりゃあ、基礎海事力のあるキャラなら誰でもソロで解放できて追いつける。
これで少しはグラガナ過疎問題がマシになるだろうか。

あとグラガナ参加には「望遠鏡持ってない奴に人権は無い」という問題があるが、
これは海賊大戦で"ぷち"な望遠鏡が取れるようになったからとりあえずは解決できたのかね。
あくまでも"ぷち"だけど。どうせ外部から見ても"ぷち"か正規品か分かりゃしねーだろHAHAHA
R2とR5で何が変わるのかさっぱり分からんが。


●一部船種の説明文誤記を修正
メルビル,イギリスの戦列艦。七年戦争東南アジアなどで活躍した。


●船員心得・特殊弾防御の章
052022 004719
書く機会が無かったからここに書くけど、画像指定間違ってるよねこれ。
よーく見ると通常弾と二連弾。細かすぎて俺以外誰も気付いていないであろう。


●Delfinショップボーナスキャンペーン
コイン30,000枚使用で所持船枠1追加(笑)(笑)(笑)(笑)(笑)
アイテム課金で所持枠売るのは常套手段ではあるが、1枠3万円はちょっと初めて見たな。
新規ガチャの特福袋と抱き合わせするならまだ分からんでもないが、
既存アイテムの寄せ集めで3万使えはさすがに無理じゃねーかな。


●リーク情報
今回は無い。
マジでなんもないんすよ。
去年は6月にレアハント、7月にアトランティスだから、今年もこのパターンだと思われる。

【2022/05/20 01:53】 | 未分類 | コメ欄(0) |

再眠

050522 004118
最後の最後でトレンドメイカーを授かってびっくり。
10年間展示し続けてようやっと1キャラ目なんすよ。


最近はやる気も無く、ただただブリーダーで調教上げをして過ごす日々であった。
移動するだけだと退屈なので、レガシーも平行してこなしてソフィアとジェムストーンを蓄え、
レガシーピースのルート上にある冒険クエ、特に生物を優先して消化して生態調査を鍛え、
上陸地点にて陸地調査も行い再調査地図を狙いつつ教授イベントを進め、
浮き輪を見つけたら率先して救助して感謝状を溜め込み、
生物17クエストはレンジャーで請負してすぐブリーダーに戻ってこなす、てな感じで、なんだか普通に遊んでるな(笑)
目に付く生物クエを全て片付けたところで調教がR14、生態調査はR12半ば。これはなかなか厳しいね。
上げてる途中で知ったんだが、調教はブリーダー以外にハイシーカーも優遇になってますやん。
生物以外はハイシーカーで片付けていけば調教も自然とカンストか。
ハイシーカーは学術スキル未実装で学術17クエストが出せないのが難点だけどね。

050922 063414
ちょっとデスゾーン行ってきてとか気軽に言っててウケる(笑)
日頃行かない土地へ行って細かなオブジェを眺めたり、聞いたことない生物を見つけて無駄に知識が増えたり、
こういうところは意外と作り込まれていて、たまーに冒険すると楽しめるのよね。


まぁでも時間切れ。当初の予定通り、5月9日で期限切れになるので再び冬眠しもす。
特に大きな変化も無かったし、ここから継続プレイする必要も無いかな。
この数ヶ月で改良された点は、海賊大戦を再構築したらなんか息を吹き返したことぐらいか。
たぶん大海戦より楽しめるよこれ。最低20人集めるのが前提だけどね。
ちゃんと作り直せば人は戻ってくるというわけなんだが、これから先どうなることか。

夏のカムバックには引っかからない予感がするし、秋に戻る価値は無いんで、次は冬だろうか。
よほど大きな改革が無い限り、再課金することはないだろう。

【2022/05/09 09:20】 | 未分類 | コメ欄(2) |

シン海賊大戦mk2リターンズ

オンラインマニュアルと誰かの動画から学ぶ海賊大戦の新ルール。
俺は3日とも普通に仕事被りしたから参加してへん。
しかし例え時間が合ったとしてもどうせ望遠鏡ゲーだろと思うと、参加する気にならねーんだがな。
まぁ望遠鏡は置いといて、ルールの変更部分だけまとめよう。


【襲撃と防衛】
従来にあった"襲撃ボタン"や"大型爆弾一撃ヒャッホーウ"は無くなり、「円の中にいる各陣営の人数」に依存するようになった。
また、円周辺での戦闘において、下記の人数カウントルールがある。
円の外側にいる状態で戦闘を開始した場合は、戦闘中に円の内側に入っても襲撃や防衛の人数に含まれません。
円の内側にいる状態で戦闘を開始すると、戦闘中に円の外側に出ても襲撃や防衛の人数に含まれたままです。

[襲撃開始(防衛維持)]
襲撃側が首領船への襲撃を開始するには、下記2つの条件を満たす必要がある。
1.防衛側の"計算上の"防衛人数が0人になる。
2.襲撃側のライバル陣営よりこちらの人数が多い。
条件を満たすと襲撃カウントが開始され、10秒維持すると襲撃状態へ移行する。

平たく言うと、防衛側が1人でも残っていると襲撃はできない
防衛人数を0人にする方法は2通りある。
1つは、後に詳しく説明するが、死に戻りルールができたので防衛側を沈めて全て排除する。
もう1つは、特殊装備の『破壊工作道具』を使用して防衛人数のカウントを減らす。15個まで重ね掛けできるらしい。
防衛側は、破壊工作道具へのアンチテーゼとして『補給物資』を使用できる。


[襲撃横取りと襲撃解除]
襲撃側は、ライバル陣営より人数が多くなれば襲撃を横取りできる。(同数の場合は先に襲撃した方が優先される)
防衛側は、襲撃陣営より人数が多くなれば襲撃解除のカウントが開始され、10秒維持すると襲撃状態解除となる。

つまり防衛側は、一度襲撃が始まってしまったら、人数増やすか相手を減らすかしなければ止めることができない。
つまり襲撃側は、人数用意しなければ防衛されるし横取りもされる。
攻めるにしろ守るにしろ人数が物を言うという仕様である。


[強制帰還]
襲撃や防衛への参加中に航行不能になった場合、会戦海域内の海賊島の出航所へ強制的に帰還させられます。
首領船周辺における戦闘に死に戻りルールができた。
沈んだ僚艦は「"戦闘終了後"に海賊島へ強制帰還」となる。
また、マニュアルに書いてないんだが、「旗艦が沈んだ場合は10人全員強制帰還」となる。
こんな大事なことを何故書いていないのか…。
しかもこの場合、旗が沈んだ"瞬間"に戻されるので、何故沈んだのか確認する間も無く、捨て台詞を吐く間も無い。
もうちっと余韻を持たせて欲しいよなぁ…。

ちなみにノーカンルールだが、
首領船から離れた位置で同じ相手と戦闘する場合、4回目以降の戦闘のスコアは加算されません。
とあるので首領船周辺における戦闘はノーカンにならず、いくらでも戦えるようになった。


[首領船の撤退と撤収]
耐久力が0になると首領船は撤退し、襲撃していた海賊団に大量のスコアが入ります。
一定時間、首領船が撤退させられなかった場合は防衛成功となり、首領船は撤収します。
 首領船が撤収すると、首領船の海賊団に大量のスコアが入ります。

撤収(防衛成功)までに要する時間は20分
首領船は30分毎に計4回出現する。
また首領船出現の際、自軍の首領船の位置は出現5分前から測量で確認できる。



【特殊装備】
特殊装備の搭載条件は「乗船している船の操船条件レベルが最も高い系統」に依存するようになった。

冒険レベルが最も高い[サーヴェイフリゲート、ゴールデン・ハインド]
・破壊工作道具 … 一定時間防衛人数を減少させる
・大型爆弾 … 一定時間襲撃状態を維持すると爆発し、敵首領船の耐久力を減少させる

交易レベルが最も高い[サスケハナ]
・補給物資 … 一定時間防衛人数を増加させる
・特殊防護壁 … 自軍首領船の耐久力を増加させる

戦闘レベルが最も高い[その他軍船]
・激励の角笛 … 首領船の襲撃や防衛に参加中の戦闘で、砲撃のダメージが増加し、白兵戦の攻撃力が上昇する
・特殊偽装 … 搭載して出撃すると、一定時間敵から襲撃されない状態になる
(これらはどちらか片方のみ、1日に1度だけ)

正直な所、特殊装備に関してはまだ情報が少なすぎてなんとも言えない。

大型爆弾か破壊工作道具を搭載するには冒険船に乗らねばならないので、船は切り返しサーヴェイほぼ一択だろう。
昔ながらの感覚で大型爆弾を積みがちだが、このルールだとまず間違いなくクソ。
襲撃状態を取れているなら爆弾が作動するまでに首領船が落ちるからセットするだけ無駄だと思う。

補給物資の効果は防衛側が全員いなくなっても残るのだろうか?
であるなら、効果が切れるか破壊工作道具で相殺するまで誰も首領船を襲撃できないということになるが…
効果時間次第では無限補給物資なんて芸当ができたり?わからんけど。

激励の角笛って、完璧忘れてたが2019年ぐらいに既に追加されてたんだね。
自軍の首領船にセット、5個まで重ね掛け可能、首領船が沈むまで有効。
首領船は4回出現するので、出現したら5個セットを4回、計20個の角笛を使うのがベストということになる。


[特殊装備使用時の巻き込み]
特殊装備を使用しようとした時、下記の条件の両方を満たしていると、特殊装備を使用できず戦闘に巻き込まれてしまいます。
・付近で同じ海賊団に所属しているキャラクターが戦闘に参加している
・その戦闘の、同じ海賊団に所属するキャラクターの参加人数が、敵の参加人数よりも少ない


とまぁ、こんな注意点がある。
これは、おとりを突っ込ませてその間に特殊装備を放り込む、という穴を塞ぐための措置だろうか。
ペアじゃない艦隊にうっかり援軍に入りそう。今の海賊大戦にペアとかあるのかは知らんけど。


●評価
個人的に大型爆弾ポイドーンヒャッホーウがクソ馬鹿らしかったんで、まともな陣取り合戦に仕上げた点は良い。
ただやっぱり、ルールを変えるのが遅すぎだろう。
このルールだと各陣営20人はいないと攻防の駆け引きが成り立たないし、10人割った陣営は何もできずにボコられるであろう。
このルール変更で人が戻ってくるかっつーと、期待できんなぁ。

もっとも、参加人数に関しては、運営サイドだけでなくプレイヤーサイドにも努力責任があると思う。
すなわち、自陣営で有利な戦闘がしたけりゃ、どうにかして他プレイヤーを勧誘しなさーいということ。
昔はイベントがあると宣伝シャウトが流れてた記憶があるが、最近はどうだったかな?

ま俺は望遠鏡アレルギーで出ないけど☆ 結局ここに行き着く。

【2022/04/03 08:53】 | 未分類 | コメ欄(0) |

リヴェンジ?

わしゃ船性能の解析まではできんぞ。

画像の船は"ダッチインディアマン"。
実はダッチインディアマンとリヴェンジって同じモデルデータなのよね。

220402a.jpg

220402b.jpg

実際の性能がどんなもんかは知らん。

【2022/04/02 00:03】 | 未分類 | コメ欄(2) |

4/1リヴェンジ


[続き]
【2022/04/01 00:00】 | ネタ | コメ欄(0) |